自己破産のデメリット

自己破産すると、破産情報が信用情報機関に登録されてしまいます。
簡単に言ってしまえば、「ブラックリスト」というわけです。

ブラックリストにのってしまうと、破産者本人のみならず同居の家族がクレジットカードをつくることができず、クレジットを利用することができなくなります。

また、自己破産をして免責を得ると、その後7年間は自己破産することができなくなります。

自己破産をすると破産者が官報に掲載されるため、ヤミ金業者はその情報を元に破産者へDMを送り、勧誘してくる場合があります。
再び、破産者を多重債務者の道に引きずり込もうとする「ヤミ金業者」から狙われかねない状況に陥る可能性が高くなるのです。

自己破産をした際、生じる悪影響は下記の通りです。
・ブラックリストの登録
・官報・身分証明書への掲載
・マイホームの処分
・保証人への取り立て
・賃貸借契約解除の危険性
・一定の資格制限
・転居の制限(破産管財人が選任された場合のみ)
即日融資キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。