金利引き下げについて

金融庁や自民党内を中心にグレーゾーン金利廃止の議論は白熱しているようで、ついに先日は財政担当の政務官が辞表を出すというニュースまで流れていました。キャッシング金利がこれからどうなっていくかは、消費者金融会社にとっても、私たちユーザー側にとっても他人事ではない問題といえます。

法律の改正案はいろいろ出ていますが、数年以内にキャッシング金利の上限が20%までになるのがほぼ確実なため、今後キャッシング各社の審査基準が厳しくならないか、またサービスが低下しないか心配なところです。

カードローン 比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。